サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

新築と中古どちらがお得?

このページでは、売りアパートの選び方を築年数から解説しています。

身近になってきた新築アパート

新築アパートは近年、一般的なサラリーマンでも決して手の届かない存在ではなくなってきています。かつては、アパートというものの存在自体が「地主や資産家の土地活用」という側面を持っていました。まとまった資産を持たない一般人が、新たに土地と建物を購入するには、それこそ宝くじに当選でもしない限り不可能だったのです。

しかし、かつてのバブル崩壊や近年のリーマンショックなどを経て、今では一般的な収入のサラリーマンでも投資対象となる存在となっています。

言うまでもなく新築は高価です。広さや間取りが似ている中古と比べれば、違いは明白です。ただし、新築にはそれを補うメリットもいろいろとあるのが魅力です。

第一には、設計、設備、デザインなどが最新であること。入居者のニーズに高くマッチしているので、入居率の高さが期待できます。

二つ目は、建物自体の寿命の長さ。当然ながら中古と違い、その物件の耐用年数をフルに使用することができます。また、銀行から融資を受ける際も、中古より長期間の融資が可能となります。

逆にデメリットとしては、利回りの低さです。高価ゆえに家賃収入による返済は中古よりも長期間に及ぶことになります。損益分岐点のクリアには、ゆとりを持ってのぞむ必要があります。

仲介業者が提示する予定賃料収入や空室率といったデータを鵜呑みにせず、自分なりのリサーチやシミュレーションをしっかり行ったうえで決断してください。

高い利回りが期待できる中古

中古売りアパートは新築より安価で入手でき、高い利回りが期待できます。そのため一般的なサラリーマンなどにも人気となっていて、ある意味、新築以上に注目を集めているそうです。

一番の魅力はアパート経営が軌道に乗りやすく、利益を出しやすくなる点。中古ゆえの初期費用の低さ、利回りの高さによるものです。そもそもアパート経営するために新築でなければならないことはありません。中古アパートを購入してアパート経営に乗り出すのは、平均的な収入の者にとってより現実的な方法と言えるでしょう。

一方、中古ならではのデメリットも存在します。ひとつは物件の経年劣化の度合いです。老朽化が進んでいる物件を選んでしまうと、たとえ初期費用は抑えられたとしても、修繕費が大きくなってしまいます。物件選びには細かく慎重なチェックが必要となります。

もうひとつは、融資面で不利なこと。借入の金利が新築より高くなりがちで、融資可能な期間も短くなります。詳しくは「銀行からの借入れと返済法」のページをご覧ください。

いずれにせよ、しっかりとしたリサーチやシミュレーションが不可欠です。「安物買いの銭失い」にはくれぐれも気をつけてください。

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド