サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

投資物件アパート情報の入手方法

投資物件アパートを入手する方法として一般的な不動産会社やインターネットだけでなく、不動産競売といったイレギュラーな方法も紹介しています。

投資物件アパート情報の入手方法1 不動産会社

投資物件アパート情報の入手方法として、地元で顔がきく不動産会社に相談するのは一般的でしょう。
地元の不動産会社に頼むメリットは、賃貸アパートを探すのと同様で周辺環境に詳しく、直ぐに見学日を設定できること。
購入したい地域を決めて、その地域で信頼できる不動産会社が見つけられればベストですね。

では、不動産会社の信頼性はどこで見分ければよいでしょう?やはり、いちばん確実なのが開業年数でしょう。そこで、開業年数がすぐに分かる簡単な方法をお教えします。

ホームページなどの会社名の近くに「国土交通大臣免許(1)○○号」「東京都知事免許(10)○○号」といった表記を見たことはありませんか?
これは、不動産会社が取得しておかなければならない免許番号です。
(1)や(10)といった数字は、その不動産会社が免許を更新した回数で営業年数。
カッコ内の数字が多い程、老舗の不動産会社ということになります。
1996年より前は3年に1度、現在は5年に1度の更新が義務付けられていますから、不動産会社の営業年数を確認する参考にしてください。

ちなみに、不動産会社を開業するに当たっての初期費用は、意外に安く200~300万円くらいだそうです。手軽に開業できる反面、倒産が早い会社も少なくありません。
免許番号を確認して、信頼性の高い不動産会社を見つけましょう。

投資物件アパート情報の入手方法2 インターネット

最近は検索サイトなどを利用して、世界中の様々なものが手軽に購入できるようになりました。
不動産業界も同様で、情報誌よりインターネットでの物件探しが主流になってきています。
インターネット環境さえ整ってさえいれば、いつでも、どこでも無料で利用できるとあって、余暇を有効活用して物件探しをするユーザーも増えているようです。

大手や中堅の不動産投資情報サイトであれば、賃貸や投資物件と一緒に売りアパートの情報も掲載されています。
たいがいのサイトは、地域別、価格別、間取りや築年数別などに分類され、各項目から情報が入手できるよう掲載されています。

自分の年収や資金にあった物件選びの参考として、いろいろなサイトを訪問してみるのもいいかもしれません。
サイトによっては売りアパートを運用するにあたっての基礎知識、購入する際の失敗しない秘訣、購入後の運営・経営方法なども掲載されています。
購入前から購入後までの一連の流れが説明されているので参考にすると良いでしょう。
そのままサイトから無料相談ができたり、WEBマガジンなどでリアルタイムな情報提供サービスを実施しているサイトもあります。

有効に活用して、情報入手に役立てましょう。

投資物件アパート情報の入手方法3 不動産競売

上記の以外の投資物件アパート情報の入手方法として、不動産競売物件で探すイレギュラーなものもあります。

競売物件は、何らかの事情で債務の履行ができず差し押さえられた不動産を、裁判所が競売にかけ売却します。
一般市場価格より安く入手できますが、手続きが複雑で面倒なことも多いようです。
そのため、ほとんどが競売代行入札サービスなどを利用して、物件入手を依頼することになります。

不動産競売物件は、一般市場ではなかなか手の届かないような高価な物件が、安い価格で購入できるのがメリット。
ただ、競売されるため競争率が高く、物件がいつ出るか分からないデメリットもあります。

投資物件アパートの情報を入手する方法は、以上のような3つがあげられます。
自分のあった方法で、最適な売りアパートを見つけ資産運用につなげましょう。

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド