サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

管理会社選びの重要性

このページでは、良い売りアパート仲介業者を選ぶためのポイントを解説しています。

パートナー兼アドバイザーである管理会社

オーナー自身で、アパート管理をすべて行うのは困難です。私のように正業と並行してアパート経営を行う場合はほぼ不可能と言えるでしょう。そこで重要になるのが管理会社選びです。オーナーのパートナー兼アドバイザーとしてアパート経営を支える専門家は不可欠です。

多様化する入居者のニーズへの対応や様々な折衝。入居者の募集や確保。物件の管理に至るまで。管理会社はアパート経営そのものを左右する役割を担っています。

前オーナーから物件を購入した時点で、アパートは満室状態が維持できている。そのような場合、管理会社を変更する必要はまったくありません。それだけの実績を残しているということは、営業力や対応力に優れている証です。

逆のケースもあります。中古物件で購入した時点で空室が多い。あるいは新築物件なのに長期間空き部屋がうまらない。そのような管理会社であれば、変更すべきです。

優れた業者を見つける方法

まずは、物件の近くの地元業者でネット広告を積極的に出しているところをあたってみましょう。目星をつけたら、空室で困っている旨を相談してみるのです。単に「家賃が高い」「時期が悪い」などの理由の並べるだけの業者は避けた方がいいでしょう。

一方、優良業者なら具体的な提案をしてくれるはずです。「住み替えのオフシーズンなので、敷金・礼金を安くしてはどうか」「家賃を1ヶ月分無料サービスとして集客を図ってはどうか」などです。このような業者であれば、期待が持てます。

もうひとつ注目すべき存在は、「販売に関する仲介から販売後の管理までを一貫して請け負っている会社」です。購入の時点では、入居者の状況を正確に把握しているので実質利回りを正確に算出してくれます。購入後の管理においても、物件に精通しているので柔軟かつ的確な対応を行ってくれます。物件購入時に管理業務も見据え、このような業者を選ぶことも選択肢に加えてみるとよいでしょう。

>>アパート投資会社ランキング<<

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド