サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

最もお得な資産運用法とは

このページでは、一般的な会社員にも可能な不動産投資の魅力を解説しています。

サラリーマンにこそ必要な「資産運用」

「資産運用」は私自身も含め一般的な収入のサラリーマンにこそ、不可欠と言えます。一部の裕福層だけに関係のある話ではありません。

例えば、昨今の長引く不況。私の職場でも、何人かの先輩がリストラの憂き目にあいました。また知人のなかには勤め先そのものが倒産してしまったケースもあります。いつ何時、収入の道が閉ざされるか分からない世の中です。年金制度も然り。破たんの心配が懸念されおり、老後にきちんと支給される保証はもはやありません。

今のうちから手持ちの資産を有効活用して、将来の資金として活用しておくことこそ、サラリーマンの自己防衛手段ではないかと思います。その手段のひとつとして私の選んだのが、売りアパートの入手と経営に他なりません。

低リスク、ミドルリターンのアパート経営

不動産投資、とりわけアパート経営は低リスクであることが魅力です。加えて、一定の利益水準も見込めます。

証券や為替の投資と比較してみましょう。これらは専門的な知識や経済動向のチェックが不可欠。正業を持つサラリーマンには困難です。また大きな利益が期待できる反面、損失を被る場合もあります。いわゆるハイリスク・ハイリターンです。

逆に定期預金は利益が期待できません。折からの超低金利時代により利息は微々たるもの。ましてやペイオフ解禁により1000万円以上の預金には不安が付きまとうようになってしまいました。

その点、アパート経営は低リスク、ミドルリターン。一般的なサラリーマンでも投資可能な手段として注目が高まっています。将来の安定した収入や年金不安の軽減、節税対策などのメリットをもたらしてくれます。

アパート経営によって得られるメリット

具体的なものをいくつかご紹介しましょう。

  • 病気・ケガ・失業・定年退職等などでも一定の収入が得られる。
  • 融資利用により、自己資金の3~5倍程度の不動産を購入可能。
  • 定期預金より金利が高い。
  • ローン完済後、完全な個人資産となる。
  • 建物が老朽化しても土地が手元に残る。

一方、欠点としては流動性が低いこと。急にお金が必要になっても、すぐに現金化はできません。数週間から数ヶ月の時間を要し、売り急ぐことで価格を低くせざるを得ない場合もあります。

また、リスクは低いといってもゼロではありません。詳しくは「賃貸経営リスクについて」のページをご覧ください。

ただしこれらの欠点やリスクを差し引いても、一般的なサラリーマンがすぐに始められ、将来への希望を持てる手法としては秀逸であると言えるでしょう。以上の理由で、私はアパート経営を選択しました、迷っている方や検討中の方に、強くお勧めします。

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド