サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

マイランド

このページでは、売りアパート仲介業者「マイランド」の特徴をまとめています。

自己資本収益率を考えて賢く運用

「マイランド」は昭和63年(1988年)創業、東京・杉並に本拠を構える業者。東京都内、特に23区内の売りアパート、売りマンションに強いという特徴があります。

同社では、売りアパートの購入に現金ではなくローンの利用を勧めています。「一般人が現金で買えるわけないだろ!」という野次が聞こえてきそ うですね。確かに、不動産を現金で買えるという人は裕福層に限られています。しかし、そんな裕福層でもローンを利用すべきと同社は勧めているのです。その 理由は「自己資本収益率」という考えによるものだそうです。同社のサイトに、次のような説明が載っています。

販売価格1億円、利回り8%の物件があるとします。全額現金で購入した場合、年間のネット収入は752万円となります。一方、自己資金3,500万 円で残りをローン利用にした場合、返済金を差引いた年間収入は368万円となる計算です。金額だけで見ると752万円と368万円となります。しかし、投 資金額に対する回収率でみると、前者は7.52%、後者は10.51%となります。

これこそが「自己資本収益率」という考えで、ローンを勧める理由だそうです。少ない自己資本で最大限の収益を得ていく手法として、推奨していま す。

住みながら賃貸料を稼げる物件

マイランドでは、「勤めながら・住みながらアパート・マンション経営」をキャッチフレーズにしています。本業を持ちながら不動産投資により安定収入を得た いというサラリーマンに対して、売りアパートの仲介とそれに付随する管理・マネージメント業務を展開しています。

規模自体は決して大きくありませんが、こと23区内に限れば、幅広い価格帯の物件を多数扱っています。

扱う物件も多岐に渡っています。収益性の売りアパート・売りマンションはもちろんのこと、オフィス向け物件や一棟ビルなども扱っています。さらに は、購入者が住居しながら経営できる「オーナーズルーム付きのマンションも扱っています。例えば10戸ある物件の1戸をオーナーの“自宅”として使用しな がら、残り9戸で家賃収入を得るというものです。アパート経営と自宅購入を同時に行えるというメリットがあります。

>>売りアパート業者BEST5ランキング<<

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド