サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

アメニティジョイハウス

千葉を中心に売りアパート管理を行っている「アメニティジョイハウス」の情報をまとめています。

エリアを絞って確実な広告効果を生み出すアメニティジョイハウス

アメニティジョイハウスは2000年に千葉で創業した、不動産管理やアパートの建築などを行っている企業。現在も千葉に根ざし、入居率96%超の賃貸管理システムでオーナーを支えています。

アメニティジョイハウスは「正しいエリアに正しい投資」という言葉のもと、管理する物件を、独自に絞ったエリアで展開しています。人口や都心へのアクセス、土地評価など総合的に判断し、最も安定した需要が見込めるエリア。それが国道16号線を境に、都心寄りのエリアだそうです。

地方で行うアパート経営は、学校や会社、商業施設の利用者をターゲットとします。しかしそれらは急な撤退をするリスクがあり、長期的な需要の変化が予測できません。絶対的な需要のある都心寄りにエリアを絞ることで、空き室リスクをほとんど心配することなく、安定した収入を得ることができます。

それを裏付けるかのように、アメニティジョイハウスが管理している物件の入居率は、なんと96.4%(2011年のデータ)。エリアを絞った展開が功を奏しているのはもちろん、この高い数字は充実した経営サポートにも支えられています。

多角的なアプローチで入居者を確保

アメニティジョイハウスは広告費用を惜しまず、自社による宣伝だけでなく、さらに仲介会社を利用して多角的に広告を展開。幅広いネットワークで、ターゲットとする需要にアプローチしていきます。

確実なマーケティングと、こだわりの土地選び。そうして建てた物件は、入居者募集から集金まで、賃貸管理も責任を持って行ってくれます。

≪売りアパートを取り扱っている業者をランキングにしています≫

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド