売りアパート不動産投資ガイド

サラリーマンでも出来る、低リスクの売りアパート運用ガイド

失敗しない売りアパートの選び方

銀行金利が軒並み低迷する中、低リスクかつ高利率の資産運用法として人気の“売りアパート”。しかし、不動産のプロでもない人間が手を出して大丈夫なの?といった疑問もあるかと思います。そこで、売りアパート運用のポイントをまとめてみました。

  • “実質利回り”に注目
    (年間家賃収入‐年間の運用経費)÷(物件価格+購入諸経費)×100で算出されます。例えば、実質利回り10%の物件だと、投資額が10年で回収できると言うことに。
  • 自分の収入に見合った物件を
    200万円で購入できる収益物件も存在します。高額の物件ほど利回りが高い、などと言うことはありませんので、妥当な価格のものを吟味して選ぶべきです。
  • 物件数で優良業者を見極めよう
    取扱い物件数は、そのまま業者の実績を反映しています。信頼性を図る指標は様々ですが、これが最も分かり易いポイントなのは確かです。当然、より多くの選択肢から選べるメリットも。
  • サポート体制も要チェック
    アパート経営に管理会社のサポートは不可欠。特に、“入居者の確保”という点は、こうした支援体制に大きく左右されます。自分の収入に直結する部分ですから、業者選びは慎重に。

上記のポイントを踏まえ、まずは信頼できる業者を選び、目ぼしい物件をピックアップしてみましょう。数社分を比較すれば、きっと「ここだ!」という所が見つかるはずです。

>>100万円台、実施利回り20%超の売りアパート一覧

賢い売りアパート投資の予備知識

年収300万円程度から始められる売りアパート投資。証券や為替に比べ低リスクで専門知識もさほど必要ありません。とは言え、予め知っておくべきこともあります。

不動産投資にあせりは禁物

アパート経営は「ローリスク、ミドルリターン」。10年~30年かけて、安定した収益を目指すものです。逆に短期間で大きく儲けるのは困難です。また売却などで現金化するのにも一定の時間が必要です。

利回りを正確に把握しよう

不動産投資の利率の表記法は2種類あります。1つは表面利回り。これは単純に年間の家賃収入を物件価格で割ったです。もう1つは実質利回り。こちらは、諸経費や税金なども計算に入れたもの。当然、収支の実情を的確に反映した実質利回りの方が重要になります。

資金運用計画は入念に

物件購入費、自己資金とローンの割合、家賃の想定、税金や諸費用の試算などを事前にしっかり想定しておく必要があります。諸経費だけで物件価格の10%近くを占める場合もあるので注意が必要。

お得なアパートローンを活用しよう

金融機関によって融資条件は様々。例えば都市銀行の場合、最低でも物件価格の20%程度の自己資金を用意しないと融資を受けられませんが、地方銀行の中には自己資金ゼロでOKな所もあります。不動産業者によっては、こうした融資をしっかりサポートしてくれますので、とにかく一度は相談を。

賃貸経営はリスク管理も重要

不動産投資は、株や為替に比べリスクは低いもののゼロではありません。その筆頭が、空き部屋や家賃滞納による賃貸収入の減少。ただ、こうした問題も、一部の不動産会社が実施している「賃貸管理代行サービス」を利用すれば解決できます。新たな入居者の募集や、家賃の督促などを一括で請け負ってくれる便利なサービスですので、お困りの際にはぜひ利用してみて下さい。

最近では、このように投資環境も整備され、売りアパートを専門に扱う業者なども数多く登場してきています。適切なサポートを受けられる会社さえ選べば、会社勤めの副業としてアパート経営を行うことも難しく無い時代となったのです。このサイトでは、そうした専門業者の情報を中心に紹介して参りますので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

>>利回り、物件価格などで各業者を比較<<

 
ページの先頭へ
売りアパート不動産投資ガイド